賃貸にお住まいの方も、これから選ぼうという方も、いろいろな防犯対策を知っておいたほうがよいでしょう。

その中でもなんとなく安心。と言われている対策を見てみたいと思います。

その対策、それでも本当に大丈夫ですか?

 

スポンサードリンク

 

うちは2階だから安心? 3階だから安心?

実は、1階よりも2階の泥棒や空き巣にとっては入り易い、と言われることがあります。

何故でしょう?

2階以上は油断して鍵か掛かっていないことも多いのです。そして、泥棒や空き巣にとっては、実は2階にくらい簡単に登れるのです。

たとえ、3階であっても付近に電柱などあれば、身のこなしの良い泥棒や空き巣はいとも簡単に登ってしまいます。

闇夜に紛れ、高層階に上がるのはたやすいことなのです。さらに最上階は屋上からするするっと降りるのも実は簡単です。

用心しましょうね。

窓シャッターは安心?

窓の外にシャッター、無いよりもあったほうが安心な感じがしますよね。台風などの時は、強い風雨も防いでくれます。

でも、防犯としてみた場合にどうでしょうか。

シャッターって降ろしただけではありませんか。鍵かけてますか。実は外から簡単に開けることができませんでしょうか?

そして、シャッターを閉めたからといって、油断して窓に鍵を掛けるのを忘れていませんでしょうか。

実は、シャッター単体での防犯では不十分なのです。しっかり窓も施錠や2重鍵をつけるなど対策を行っておきましょう。

また、シャッターを閉めっぱなしにするのも用心が必要です。留守宅なのがみえみえですから。

 

スポンサードリンク

オートロック付きだから大丈夫?

近年、都市部を中心にマンションではオートロックが付いていることは多いと思います。

でも、このオートロックって、万全なのでしょうか?

  • 引っ越しの最中は荷物の出し入れで、オートロックは解除しっぱなし。
  • オートロックのドアがあるけど、実は通用口から入ることができる。
  • 後ろからついてきた人が一緒にはいってしまう。
  • 鍵がなくても暗証番号であけることができてしまう。
  • 合いカギを作っていれば昔の住人でも開けられてします。
  • マンションに住んで居る人数+管理会社+管理人+大家さん、たくさんの人が開錠できる人数なこと。
  • センサー部に細工すれば簡単に空いてしまう可能性があること。

これでも安心と言えますか?

オートロックは少しだけ防犯に気を使っている建物であることをアピールできる。くらいに考えておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

テレビの活用

日中、不在になる人は、テレビをつけておいて人の気配をさせておく、というのはいかがでしょうか。

泥棒や空き巣は必ず下見をして侵入する場所を決めています。テレビを不定期につけることで、不在の時間を泥棒や空き巣に悟られず、入りにくくなります。

また、最近のテレビは省電力ですから、以前よりも無駄な電力を使わずできる対策になりました。

それでも、もったいない。という方は、タイマー機能を上手く使って防犯対策しましょう。なるべく、不定期な時間にタイマーONとタイマーOFFをセットしておくのです。いつ在宅か、いつ不在か、わからないところは泥棒や空き巣にとっても入りずらい場所になります。

 

 

スポンサードリンク