鉄筋コンクリートのマンションは夏暑い、という話を聞いたことはありませんでしょうか。

マンションに限らず、鉄筋コンクリート造りの建物は、夏暑く、冬寒い、と言われることがあります。

本当にそうなのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

マンションは夏暑い?

鉄筋コンクリートは熱容量が実は大きんです。

『熱容量』という言葉を聞き慣れない方も居るかもしれません。

熱容量が大きいとは、簡単に言えば熱しにくく冷めにくいということです。そのため、夏の暑い日に一度熱せられると夜になっても冷えにくいのです。熱帯夜の完成です。

だからマンションは夏暑いと言われるんですね。

 

 

最上階は暑いの?

「マンション最上階!しかも角部屋!」いかにも不動産広告でどうだと言わんばかりに目玉物件としてあるような条件です。

でも、日光熱の影響を受けやすいのでやはり暑いです。

屋根が直射日光の影響を受けた結果熱せられ、その熱が最上階の部屋に降りてきます。これは2階建ての戸建で2階がとても暑い、というのと同じことだと思います。

さらに角部屋だと、熱の影響を受ける壁面もその分多いですから、さらに暑くなりやすいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

エアコンも無駄って本当?

『無駄・・・』ということは無いと思います。エアコンですから。

でも鉄筋コンクリートのコンクリートは、ほぼ『石』です。

皆さん「焼け石に水」という言葉をご存知でしょう。

熱せられたコンクリートは簡単に冷えることはありません。翌朝までしっかりと蓄熱してくれます。

デパートなどの古めの建物で対策が十分でないところは、夏場は24時間エアコン稼働しないといけない、という話を聞いたことがあります。

 

暑い理由がわかったら、対策しましょう。こちらへ↓

マンション最上階の暑さ対策。一番うえは灼熱って本当ですか?

 

さらに色々な暑さ対策はこちらへ↓

暑さ対策99選。~賃貸アパートマンションでの暑さ対策【決定版】~

 

スポンサードリンク