さてさて、前回の続きで、入居者さんからのご要望の対応です。

入居者さんも実際に住み始めてみると気が付くところもあるのでしょう。入居時チェックが最後のチャンスでもありますしね。

ここは真摯に対応しなければなりません。

ちょっと飽きて来たけど・・・

 

スポンサードリンク

外扉など4点のご依頼。その後は・・・

「気に入っているので、末永く住みたいから」とのありがたいお言葉を入居者さんより頂戴しておりますし、まぁよくよく見ると、いつ壊れたの?というのは別として、どれも対応が必要なものなのかなと思います。

ですから、対応することでリフォーム会社さんへ概算見積もりと作業の依頼となりました。

どれも高額な修理というわけでもありませんからね。

依頼先は、職人肌で良い仕事をするいつもリフォーム屋さん。期待してます。

更に、追加のご連絡がありました。

2,3日後、いつものようにメールチェックしていると、管理会社さんから連絡が入っていました。

表題「入居者様からの追加ご指摘の件」・・・・・。。

むむむむぅ!

内容を確認すると、「エアコンのルーバー部から水がしたたり落ちている。直してほしい」とのこと。

これはいけません。これから夏を迎えます。

そんななかエアコンに不具合があっては、それこそ退居につながりかねません。

テナントリテンション失敗もいいところです。

実はこのエアコン、製造から10年以降経過しており、そろそろかな?という思いはありました。

2年前にも同じような症状で一度修理をしています。

気持ち的には新品への交換対応になってもやむなしかな?と思ってもいました。

ともあれ、夏は目の前、まずは取り急ぎ管理会社さんへメーカー修理対応をお願いしました。

 

スポンサードリンク

更に更に、リフォーム会社さんが現場確認へ行くと追加のご依頼がありました。

2,3日後、いつものようにお仕事していると、いつものリフォーム屋さんから不在着信が残っていました。

折り返し、お電話すると・・・・・。。

  • リフォーム屋さん:「4点のリフォームの件、材料と人工(にんく)で、概算x万円くらいですー。いいっすかぁ?」
  • 大家さん(私):(いつも通りの相場観だったので。)「了解す。お願いしますー」((´▽`) ホッ 異常に高くなったりせずにすんだ)
  • リフォーム屋さん:「あ、それで、現場確認行ったときに入居者さんからご相談がありまして」
  • 大家さん(私):(ムムムッ??)
  • リフォーム屋さん:「なんか書斎コーナーの作り付けの机の塗装が、すごくベトベトするっておっしゃってまして」
  • 大家さん(私):「え?あそこって机用のビニールシート敷いてなかったでしたっけ?」
  • リフォーム屋さん:「無かったっす」
  • 大家さん(私):「えー!」
  • リフォーム屋さん:「どうします?あそこの塗装だけならそんなに費用かかりませんけど?x万円くらいですー」
  • 大家さん(私):「えー!!!」
  • リフォーム屋さん:「入居者さん、是非お願いしたいって言ってましたー」
  • 大家さん(私):「塗装お願いします。。。(涙)」

お腹いっぱいです。。。

これ、いつ終わるのかなぁ。

入居者さんおかわり多くて、大家さん干上がっちゃいますよ。。。

でもなぁ。

長く住みたいって言ってたし。言ってたし。言ってたし。言ってたし。言ってたし。。。

はぁ~。「おかわり」もう我慢してぇー。

(続く)

 

↓次はコチラ

戸建賃貸経営ブログ。日誌編~要望に応えて思ったこと、考えたこと~

↓まとめはこちら

戸建賃貸経営ブログ。~戸建デザイナーズハウスの賃貸運営まとめ~

スポンサードリンク