暑い時期などに突然エアコン壊れた!

入居時からお部屋に設置されているエアコンが故障した場合、誰が修理の手配費用の負担をしなければいけないのでしょうか?

借主である入居者が全部やらなければいけないのでしょうか?

入居したときから部屋にあったのに、たまたま今壊れただけなのにですよ。

また、後から自分でエアコンを設置した場合はどうなるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

対処法

入居時から設置されていたエアコンの場合

賃貸契約時にエアコン付きであることが契約書や重要事項説明書に明記されていれば、基本的には大家さんの責任で修理してもらうことになり、費用も大家さんの負担となります。お部屋の設備の一部ということです。

ただし、その場合でも契約書に「エアコンの修理費用は借主が負担する」等の特約がある場合や、入居者であるあなたに善管注意義務違反があった場合(当然やるべきフィルターの清掃をしていないなど)は借主の負担となることもあります。

自分で修理手配して、あとで大家さんへ請求できるか

大家さんのほうで修理業者が決まっていたり、「別の業者に依頼すれば、もっと安く修理できたはず」など、大家さん側の主張でどちらが費用を負担するのかトラブルになるケースがあります。

故障が起きたときは、慌てて業者へ修理を依頼するのではなく、まずは大家さんや管理している不動産屋さんに相談しましょう。

こんな場合は自己負担になるかも?

設備として設置されているものであっても、日常のメンテナンスは借主のほうで行わなければいけません。エアコンの場合、フィルターの掃除もろくにしていないなど、日常のメンテナンスをしていないと、本来やるべき手入れをしてなくて壊れた!ということになり、費用が自己負担になるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

こんな場合は要注意

残置物

そのエアコンが前の入居者が残していったものであれば要注意です。大家さんが設置した設備ではない(残置物といいます)ので、修理の際の費用負担の扱いが異なりますよ。

確認するには契約書もしくは重要事項説明書を見てみましょう。設備の項目に「有無」という欄があるかと思いますが、「有」であれば付帯設備、「無」であれば前の入居者の残置物ですね。

入居後に自分で設置したエアコン

この場合はエアコンはあなたの所有物となりますので、修理の手配や費用も自分で負担することになります。先ほどの残置物の場合と一緒ですね。

 

 

 

 

 

 

壊れたら新品になる?

いま設置されているエアコンがかなり古い、どうも効きが悪い(ような気がする)、調子がわるい(ような気がする)そんな矢先にエアコンが壊れました。

さあ、これで新品に変わるからラッキー!と思うのは早いです。基本的に大家さんは無用な費用負担はしてくれません。ですから、新品交換でなく、何とか修理で延命措置を施すことでしょう。

ですから、無理やり壊したり・・・してはいけませんよ。

 

スポンサードリンク

古いエアコンを取り換えてほしい

エアコンの寿命は?

エアコンの設計上の標準使用期間は10年程度に設定されていますが、それ以上古くなったからといって、大家さんに新品への交換をお願いできるでしょうか。

もちろん、お願いは出来ます。。。。ただ、新品に交換してくれかは大家さん次第になります。よほどの危険性でもあれば別ですが。。。

入居前に

事前に内見したときに、10年を超えるような古いエアコンがついているのを見つけたら、入居前に新品に交換してもらえないか不動産屋さんや大家さんに相談してみましょう。

広めお部屋に、容量が小さめのエアコンが付いていることを見つけたら、やっぱり入居前に新品に交換してもらえないか不動産屋さんや大家さんに相談してみましょう。

そもそもエアコンが付いていない!場合は是非設置を入居の条件としたいことを大家さんか不動産屋さんに伝えましょう。大家さんもエアコン程度の費用負担なら、家賃の入らない空き室にしておくよりも良いはずです。

いずれも、入居契約前に入居の条件として交渉するのが鉄則ですね。

エアコン故障?冷えない時の対策。寿命かな?~賃貸アパートお悩み~

暑さ対策99選。~賃貸アパートマンションでの暑さ対策【決定版】~

 

スポンサードリンク