こんにちは。たんさんです。

秋から冬のこれからの季節、暖房は必需品ですが、皆さんはどんな暖房器具を使っていますか?

暖かいのが第一だけれど、光熱費も心配、安全なのじゃないと、空気を汚すのは嫌だ、いろいろな要望があるんだと思います・・・。

今回は、数ある暖房器具のなかから、石油ストーブについて見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

石油ストーブとは?

燃料は石油(というか灯油)ですね。

灯油を燃やして部屋全体を一気に暖めます。

ストーブの上でお湯を沸かして湿度を維持したりも出来ますし、焼きミカンなんかを作って昭和な感じが味わえます。

電気で、じわじわと暖めるのと異なり、そのパワーは絶大です。

まずは良い点(メリット)

さて、まずは石油ストーブの良い点について見ていきましょう。

即暖性

早朝、布団から出たは良いけど部屋が寒すぎる・・・。

そんなときに活躍するのが、石油ストーブです。

火が付いてから燃焼まで少しの時間は要しますが、立ち上がりはまぉまぁの暖房器具と言えるでしょう。

コスト

燃料費が安い。

灯油は価格の変動こそあれ、電気などと比べるとコストは安く済みます。

北海道などの寒冷地では、長い冬の間、部屋を、、、、というよりも家中を暖房します。

そしてその多くが、屋外に数百リットルの灯油タンクを設置してあり、そこから自動補給で部屋の中の暖房を賄っています。

そんなところを見ても、灯油のコストパフォーマンスの高さを図ることが出来ますね。

スポンサードリンク

デメリット

では、石油ストーブは、悪い点は無いのでしょうか?

空気の汚れ(換気)と温風

灯油を燃焼させて暖めていますので、どうしても燃焼に酸素を使っているのでお部屋の空気は悪くなります。

また、燃える際にどうしても、においが激しくすることがあるの弱点と言えます。

ですから、小さなお子さんがいる家庭など、意識的に換気して空気を入れ替えたりしてあげるとよいですね。

燃料補給

灯油をタンクに入れているタイプはかなり補給が面倒ですね。

赤いタンクで灯油をもってくるのは昭和な感じの風情もありますが・・・。

***

そして注意が・・・

最大のデメリット・・・

あなたの賃貸アパートマンションは、契約で灯油などの暖房器具の使用が禁止されていませんか?

その場合は、必ず契約を守らなければなりません。

賃貸アパート・賃貸マンションでは、防火のため、灯油製品を禁止している場合がほとんどです。

わたしが学生のとき、押し入れに赤い灯油タンクをしまっている友人がいました。

そして、その友人はたばこを好み・・・・大丈夫かなぁと思った記憶があります。。。

火事になってからでは遅いのですよ。

 

↓↓↓石油ストーブは禁止されている・・・そんなとき、電気系の暖房はこちら

暖房器具。おすすめ&デメリット~賃貸アパートマンションの冬支度~

スポンサードリンク