こんにちは。たんさんです。

秋から冬のこれからの季節、暖房は必需品ですが、皆さんはどんな暖房器具を使っていますか?

暖かいのが第一だけれど、光熱費も心配、安全なのじゃないと、空気を汚すのは嫌だ、いろいろな要望があるんだと思います・・・。

今回は、数ある暖房器具のなかから、遠赤外線ヒーターについて見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

電気暖房

灯油などの燃料の使えない賃貸アパートでは、エアコンや電気ストーブなどの電気系暖房が不可欠です。

なぜでしょう?

主に下記のような理由からですね。

安全性

賃貸アパートなどの集合住宅では、万一火災が発生、延焼すると場合によっては大家側の責任も問われかねません。

ですから、可燃性の燃料を保管し補給する必要のある、石油ストーブや石油ファンヒーターなどの暖房器具の使用を禁止ていることがほとんどです。

クリーン

石油ストーブや石油ファンヒーターなどは燃焼により有害なガスが発生します。ですから、定期的に換気が必要なんですね。

くらべて、電気暖房は有害なガスを発生しないため、換気を行う必要はありません。

電気ストーブ光熱費や口コミ。デメリットは?~賃貸アパート冬支度~

遠赤外線って?

『遠赤外線』とは、およそ4~1000ミクロンの電磁波です。

地球上の物質はすべて遠赤外線を発しています。なんと!あなたの体からも微量の遠赤外線を発しているのです。

木炭(炭素:カーボン)やセラミックは特に遠赤外線の発生量が大きく、遠赤外線は暖房器具や調理器具をはじめ、暖かい肌着や寝具などに利用されています。

遠赤外線の波長は、食品を構成している分子の振動数とあうため、食品の分子に収縮・振動・回転運動などを起こさせ、自己発熱させることができます。

逆に分子の振動数と合わない電磁波を当てても、反射したり通過してしまったりと暖かくは感じません。遠赤外線加熱の特長として、加熱が均一であること、焦げずに内部までよく熱が通ること、などが挙げられます。

そして、同じように人の身体にあたると、身体の分子を振動させて暖かさとして感じることができます。

この原理を用いた暖房器具にハロゲンヒーターやカーボンヒーターがあります。

スポンサードリンク

つまりこのように使用しましょう

遠赤外線を用いた暖房器具であるハロゲンヒーターやカーボンヒーターは、直接当たると暖かく感じることができます。

また、衣服なども暖まるため体感的にさらに暖かくなります。

部屋全体の暖房?

しかし、遠赤外線では空気を暖めるためには、周辺の何か(壁でも家具でも人でも)を暖めたうえでそれが空気を暖める必要があります。

ですから、部屋全体を暖めるには時間がかかりますし、電気代もかさみますので、余り適していません。

直接あたりましょう

遠赤外線の暖房器具は、局所的な暖房が得意です。

また、スイッチを入れるとすぐに暖まることができますので、即時性の高い暖房です。

ちなみに、近赤外線の量が多いハロゲンヒーターよりも、遠赤外線の量が多いカーボンヒーターのほうが、2倍程度の暖かみを感じることが出来ると言われています。

スポンサードリンク