こんにちは。たんさんです。

秋から冬のこれからの季節、暖房は必需品ですが、皆さんはどんな暖房器具を使っていますか?

暖かいのが第一だけれど、光熱費も心配、安全なのじゃないと、空気を汚すのは嫌だ、いろいろな要望があるんだと思います・・・。

今回は、数ある暖房器具のなかから、『電気毛布』について見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

電気毛布とは?

毛布のなかに織り込まれるように電熱線が通してあり、それに通電し熱を発生させて暖めるものです。

普通の毛布では、最初はちょっとひんやり冷たかったり、暖かさが十分でなかったりします。

湯たんぽなどで布団を暖めておくことも出来ますが、それでは一部分だけ、局所的にしか暖まらなかったりします。

そんなときに威力を発揮するのが、布団全体を暖めるのに使える電気毛布です。

布団以外でもひざ掛けタイプなどもあります。

スポンサードリンク

電気毛布のタイプと選び方

電気毛布には、「敷くタイプ」と「掛けるタイプ」の2つのタイプがあります。

敷くタイプ

寝るときに使用する場合は「敷くタイプ」の方が熱伝道の効率が高いため、おすすめです。

暖かい空気はうえに向かいます。ですから自分の身体よりしたが暖まるほうがより効率が良いのです。

掛けるタイプ

掛けるタイプは、座っているときの膝掛け用などに使うと良いですね。

昔よりも効率がよくなり、USB給電のものなどもあります。

掛ける&敷く、兼用タイプ

「掛ける」と「敷く」という両方の用途に使用できる電気毛布もあります。

家にいるときにずっと使いたい、どちらを買うか迷う、という方は、この兼用タイプを選びましょう。

***

電気毛布は使う用途によって選ぶ商品も違うため、使用用途をはっきりさせてからの購入をおすすめします。

また、購入するサイズは予め決めておき、くれぐれもサイズ不足のものを買ってしまって失敗しないようにしましょう。

電気毛布のメリット・デメリット

もちろん電気毛布も良い点/今一な点があります。

特徴を理解して目的にあった使い方をしましょう。

デメリット
  • 人体への影響? 定かなものではありませんが、電熱線を身体に巻き付けることになるため、電磁波などの影響を心配する声もあります。
  • 暖房効果は限定的。毛布が暖まるだけので、部屋を暖めるようなことは難しいです。
メリット
  • 導入費用が安い。安価に購入できます。
  • ランニングコストが安い。高温設定で使っても月に数百円程度の電力消費のものがほとんどです。
  • 安全性が高い。火を使わず、高熱になることもありません。但し低温ヤケドには注意しましょう。
  • 他の暖房と併用して体感温度UP。エアコンなどを低めの温度設定でつけて併用すると効果かつエコですね。

スポンサードリンク