こんにちは。たんさんです。

冬を迎えると寒さが身にこたえます。

外の寒さは厳しいけど外出する時だけのもの、なんとかして着込んで凌ぐこともできます。

でも、家の中が寒いようでは、何とも始末に負えません。

まずは、なぜアパートやマンションの部屋が寒いのか?

まずはその原因を探ってみましょう。

スポンサードリンク

アパートの部屋はなぜ寒いか?【①断熱が不十分】

断熱材ちゃんと入ってる?

木造アパートなどでは建築したときに、壁に使われるべき断熱材が一部にしかなかったり、断熱材が入っていても十分ではなかったりすることがあります。

また、とくに新築から年数の経ったアパートでは、断熱効果が高くない素材を使っていて、十分に寒さを防ぐことが出来ていない場合もあります。

断熱材良いもの使ってる?

そもそも断熱材と言っても、断熱性能の高いもの、余り断熱性能の高くないものがあります。

一概には言えませんが、賃貸住宅では余り効果なものは使っていないことが多いです。

さらに、断熱材は経年劣化もしていきますので、古いアパートの場合は断熱性能が落ちている場合もあります。

断熱材ちゃんと施工できてる?

断熱材を使っていても、アパートを施工する人(大工さんなど)が、きちんとした知識やスキルをもっていないと、本来の断熱性能がでない場合があります。

アパートの部屋はなぜ寒いか?【②壁が薄い】

木造のアパートだと、鉄筋コンクリートのマンションなどに比べると壁の厚さが薄く、どうしても寒いケースがあります。

アパートの部屋はなぜ寒いか?【③窓が多い】

たとえ締め切っていても、窓からは冷気が入ってきます。

そもそも、ガラスはとても熱を伝えやすい物質ですので、温度差があると、どんどん冷たい空気が伝わってくるのです。

冬にガラス一面に結露しているのもそのためです。

福島以北や、本州でも標高の高い寒冷地などでは、当たり前にペアガラス(2重窓)になっているかよく確認が必要ですね。

アパートの部屋はなぜ寒いか?【④玄関ドアがショボい】

玄関ドアから冷気というも意外に思う人が居るかもしれません。

でも玄関ドアは壁よりもずっと薄く、熱を伝えやすい金属製のものも多いので、冷気が部屋に侵入してくる場所になりますよ。

スポンサードリンク

アパートの部屋はなぜ寒いか?【⑤両側に部屋が無い】

自分の部屋の両側に人が住んでいる(=部屋がある。空き部屋でない)アパートでは、両側の部屋でも暖房が使われるので、実は冷気が入りにくいのです。

しかし、あなたの部屋が角部屋だったりすると壁の向こうが直接寒~い外なので、冷気の影響を受けてあなたの部屋が冷えてしまいます。

空き部屋の場合でも、隣の部屋が冷えていると、冷気の影響をうけて、あなたの部屋が暖まりにくくなります。

そもそも、外気と触れる部分と異なり、部屋の境目の壁は断熱性能が余り高い仕様になっていないことも多いです。

(部屋の境目は、どちらかと言うと防音性能を気にします)

 

マンションでも寒いのはなぜか?

木造などのアパートに比べて、マンションの方がなんとなく暖かい感覚です。

でも・・・

ちょっとよく考えてみましょう。

「鉄」「石」よりも「木」のほうが暖かいイメージがありませんか?

鉄筋コンクリートのマンションは、鉄筋とコンクリート、つまり「鉄」「石」です。

では、なぜマンションのほうが暖かい感覚なのでしょうか?

それは、、、

仕様の違いです。

基本的に構造部分以外は耐火ボードなどで出来ています。

一般的に、家賃の高い、建設単価も高価、耐用年数も長い、マンションはそれだけお金を掛けて良い仕様にしていることが多いのです。

ただ、古いマンションや施工の悪いなどでは、やはり断熱が十分ではなく、かえって木造のアパートなどよりも寒さが厳しい場合もあるのです。

****

↓↓↓次から実際に対策を見てみましょう!まずは

アパートマンション寒さ対策。防寒対策②【床】からの冷気を防ぐ

スポンサードリンク