こんにちは。たんさんです。

新しく越してきた『アパートマンション』・・・せっかく夢の新居なのに、隣人の騒音が、隣人でなくとも何処からの音がうるさい、煩わしいってこと、結構あるようです。

「引っ越しちゃったんだから、仕方がない(涙)」なんて、手をこまねいては居られません。

対策をして快適な住まいにしましょう!!

スポンサードリンク

工夫しましょう!

こちらでは、少しでも騒音を減らすために、自分で出来る対策を中心にご紹介します。

気になってしまうのって、意外と些細な音からだったりします。

少しの対策でも意外と効果がある、そんな対策を見ていきましょう。

↓↓↓騒音の原因についても、しっかり知りたい方はこちら

<リンク準備中【原因編】>

家具の配置

隣の部屋など、部屋の外部からの騒音は壁を伝ってやってきます。

ですから、こういった壁のすぐ横に居住スペースを持ってこないようにしましょう。

もし部屋に、大きな背の高いタンスや本棚などがある場合、それを騒音が聞こえてくる壁に置くようにしましょう。

そうすれば、置いた家具たちが結構騒音を遮ってくれます。

ポイントは、そのとき壁にぴたっとくっつけるのではなく、少しだけ(1cmぐらい)あけて、空気の層を作るように配置すると防音効果が高まります。

遮音シート

棚などなにも置きたくない場所には、「遮音シート」がお勧めです。

遮音シートは本来は建築時に内壁に使われる防音用建材ですが、もちろん壁に貼り付けて使っても効果があります。

さまざまな種類のものがありますが、樹脂製のもので厚さ1.2mm程度、カッターナイフなどで切って簡単に使用できます。

ホームセンターやネット通販などで購入しましょう。

両面テープを使えば壁を傷つけずに楽に貼り付けられ、賃貸住宅でも設置できますね。

ただし、もともとは内壁に使うもの、見た目が今ひとつですので、仕上げに壁紙などを貼ったりすると良いでしょう。

吸音材

遮音シートだけでは効果がいまひとつ、まだまだ騒音が気になって駄目というときには、防音効果の高い吸音材を使用してみましょう。

吸音材とは、厚さが数センチほどスポンジのようなウレタンなどで作られた、音を吸収する素材で出来たボードです。

これを遮音シートとあわせて貼れば、かなりの防音効果があるはずです。

スポンサードリンク

防音カーテン

壁を通した隣室などの騒音ではなく、自動車やバイクの走行音、道路上での会話など、屋外から聞こえてくる音が気になることも多いものです。

そんなときは「防音カーテン」を使ってみましょう。

「防音カーテン」とは、厚めの特殊な生地で織られたカーテンのことで、その名前の通り音を遮り軽減する効果があるカーテンのことです。

遮光や遮熱といった性能をあわせ持ったタイプもありますから、使いたい用途に合わせたものを選びましょう。

耳栓(みみせん)

お金を掛けたくない、面倒なのは嫌だ、という方は実はこれが一番手っ取り早やかったりします。

とくに眠るときなどは、少しの音でも気になるものですから、これが一番快適です。

机に向かって作業するときなどは、イヤホンやヘッドホンで音楽を聞いてしまうのも手ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

何とか工夫して音の侵入を防ぐ対策を見てきました。

是非試してみてください。

ただ、どうしても騒音が収まらない場合は元を断つことも考えましょう。

↓↓↓こちらでは【対応編】として音のもとを絶つ対策をご紹介します。

<リンク準備中【対応編】>

スポンサードリンク