こんにちは。たんさんです。

真冬を迎えると、本当に寒さが身にこたえます。

外の寒さは厳しいけど外出する時だけのもの、なんとかして暖かい衣類を重ね着して凌ぐこともできます。

でも、家の中で寒くて凍えるようでは、ちょっと何とも始末に負えませんし、余りに悲しすぎます。

今回は、窓からの冷気寒気を防ぐための、寒さ対策についていくつか見ていきましょう。

スポンサードリンク

窓の対策①【カーテン】

カーテンなんて今でも着けてます、という方も、厚手の生地のものに交換したり、空気を通さないような材質のものに交換してみましょう。

それだけでも、窓周辺の断熱効果がかなりアップするはずです。

また、カーテンは床まで届くような長さの十分あるものにすることも忘れずに。

そうしないと、一番寒さを感じる足もと付近に冷めたい空気が忍び寄ってきますよ。

窓の対策②【気泡緩衝材】

気泡緩衝材とは、いわゆる「プチプチ(※)」です。

※「プチプチ」は川上産業株式会社さんの登録商標だそうです。念のため。

これを窓に貼り、空気の層をつくることで断熱効果があります。

ホームセンターや百均、ネット通販などで手軽に購入でき、安い割には効果がありますのですぐにやってみましょう。

窓の対策③【防寒シート】

窓ガラスに貼り付ける用の防寒シートが市販されています。

断熱遮熱シート、冷気ストップシート、断熱フィルムなどの名称の商品がありますね。

本来窓には、ペアガラスや、断熱性能の高いガラスが使用されているのがベストですが、古い建物などではそういったものは使用されていないことが殆どです。

ですから、こういった後付けの製品で窓ガラス自体の断熱性能をアップさせましょう!

↓↓↓断熱シートと気泡緩衝材の比較です。どちらが良いでしょうか??

スポンサードリンク

窓の対策④【窓サッシの断熱】

『窓』の寒さ対策と言うと、窓ガラスにだけ注目しがちです。

しかし、窓の周囲、アルミ製のサッシは熱伝導率がとても高く、外部の冷たい空気をすぐに室内へ伝えてしまいます。

手で触ってみると、アルミ製のサッシの部分がたいへん冷たくなっているのがわかると思います。

もちろん、ここも対策が必須です。

サッシ枠用の断熱シートが市販されていますので、これを貼ってしっかりと対策しましょう。

普段使わない窓は、隙間をこれで完全に塞いでしまうのも有効です。

*****

↓↓↓さらに玄関ドアなどからの寒さも防ぎましょう。

アパート寒さ対策。防寒対策④【玄関ドア・その他】からの寒気を防ぐ

スポンサードリンク