こんにちは。たんさんです。

冬を迎えると寒さが身にこたえます。

外の寒さは厳しいけど外出する時だけのもの、なんとかして着込んで凌ぐこともできます。

でも、家の中が寒いようでは、何とも始末に負えません。

今回は玄関ドアなどからの冷気を防ぐ寒さ対策について、いくつか見ていきましょう。

スポンサードリンク

ドアの対策①【玄関ドアと部屋を分ける】

いわゆる昔ながらの玄関直結のワンルームの部屋があります。

また、新しい建物でも玄関と居室が一体化したおしゃれな1LDKなどのお部屋もあると思います。

このように、玄関と、リビングなど居住するスペースが一体化している場合、一度玄関を開けると、暖気は外に逃げていき、外の冷気は遠慮なく侵入してきます。

ですから、間仕切りカーテンなどで、玄関と居住スペースが直接繋がらないようにしましょう。

断熱間仕切りスクリーン、アコーディオンドア、エアーロックなどの名称で販売されています。

↓↓↓こちらはオートエアーロック。磁石で自動的に閉まる優れものです。

ドアの対策②【玄関ドアの断熱UP】

次は玄関ドア自体の断熱性をUPさせましょう!

隙間を埋めましょう

1度は見かけたことがあるはずですよね。すき間モヘアシール。

隙間風を防ぐというよりも、玄関のドアに隙間があるという人にオススメです。

テープにふわふわと毛が生えているタイプで、狭い隙間にも、均等ではないすき間も塞ぐことができます。

玄関ドア下部などに貼り付ければ、虫や花粉、埃の侵入も防げますし、音も遮断します。

さらに毛足の長いタイプは、隙間が広いドアに利用しましょう。

↓↓↓ちょっとわかりにくいですが、この様な毛の付いたモールです。

ドアポストからの冷気を防ぐ

ドアポストの隙間も、冷気が入り易い場所です。

ドアポストは、新聞や郵便物が部屋に入ってくる便利な仕組みなのですが、当然隙間も生まれるので、そこから冷気も入り込んできます。

ここは思い切って、後で剥がしやすい養生テープやマスキングテープなどで塞いじゃいましょう。

(賃貸などでは現状回復が必要ですから、あとで剥がせるものにしましょう。)

ドアポストを使用している方は、投入口や取出口を塞ぐと不便ですが、受け部分がある場合には、その穴をテープで塞ぐなど、使用可能な範囲で隙間を塞ぐだけでも効果があるでしょう。

スポンサードリンク

その他の対策①【窓辺に暖房器具を置く】

対策をしても、窓はやはり冷気の入ってくるメインの場所です。

暖房器具は窓のそばに置くようにしましょう。

そうすると部屋の上下での温度差が減り、暖房効果が大きくなります。

暖房器具設置の際は、カーテンなどに注意しましょう。

その他の対策②【雨戸やシャッターをおろす】

少しでも、、、

という方は、夜は雨戸やシャッターを閉めましょう。

寒さが少しは和らぐでしょう。

ただ、朝日が入ってこないので、寝坊にはご注意ください。

その他の対策③【更に窓下にはボードを貼る手も】

冷たい空気というのは下に溜まります。

木製などのボードを窓際に置いておくだけでも効果がありますよ。

スポンサードリンク