こんにちは。たんさんです。真冬の寒さ身にしみますね。

そんなあなたに送る『賃貸アパートマンションでの防寒対策【決定版】』です。

せめて家の中では暖かく過ごしましょう。

そして外出時も暖かくできるように考えてみましょう。

スポンサードリンク

角部屋は寒いって本当!?

こんにちは。たんさんです。

冬を迎えると寒さが身にこたえます。外の寒さは厳しいけど外出する時だけのもの、なんとかして着込んで凌ぐこともできます。

でも、家の中が寒いようでは、何とも始末に負えません。まずは、なぜアパートやマンションの部屋が寒いのか?

アパートマンション寒さ対策。角部屋は寒い?自分で出来る防寒対策①

『床』からの寒さ対策

市販されているコルクマットを床に敷き詰めてみましょう。

そんなに厚いものでなくとも、コルクマットは保温性があり、フローリングだけの場合の冷んやりした感じと比べて、暖かさが体感できると思います。

アパートマンション寒さ対策。防寒対策②【床】からの冷気を防ぐ

『窓』からの寒さ対策

カーテンなんて今でも着けてます、という方も、厚手の生地のものに交換したり、空気を通さないような材質のものに交換してみましょう。

それだけでも、窓周辺の断熱効果がかなりアップするはずです。

また、カーテンは床まで届くような長さの十分あるものにすることも忘れずに。

アパートマンション寒さ対策。防寒対策③【窓】からの冷気を防ぐ

『玄関ドア』からの寒さ対策

いわゆる昔ながらの玄関直結のワンルームの部屋があります。

また、新しい建物でも玄関と居室が一体化したおしゃれな1LDKなどのお部屋もあると思います。

このように、玄関と、リビングなど居住するスペースが一体化している場合、一度玄関を開けると、暖気は外に逃げていき、外の冷気は遠慮なく侵入してきます。

アパート寒さ対策。防寒対策④【玄関ドア・その他】からの寒気を防ぐ

キッチンの寒さ対策。お料理は暖かく

キッチンが寒い理由は大きく2つが考えられます。

建物の構造。そもそもキッチンは北側だったり、日当たりの悪い場所であったりすることが多いですね。

キッチンの寒さ対策。玄関・勝手口・足元の冷気。アパート防寒⑤台所

バスルームの寒さ対策。ヒートショックにもならないよう

落ち葉の季節も去り、冬本番!いよいよ寒さも身に染みる季節になります。

外出時はもちろん、家のなかでも、居間は暖かいけどお風呂に入るとき凄く寒い、でもちょっとだから我慢して入っちゃおう、などと思っていることはありませんか?

寒いだけで我慢できれば良いですが、、、、もし『ヒートショック』などになって、心臓麻痺で倒れでもしたら大変です。

バスルーム寒さ対策。窓・足元の冷気。アパートマンション防寒⑥風呂

寝る時の防寒対策【湯たんぽ】

真冬の寒さ厳しい日、もう寝ようと布団に入ったとたんに、寒い!冷たい!となったことはありませんか?

そんなときのために、便利で経済的なのが『湯たんぽ』です。

昔ながらのもののように思えますが、案外、進歩していて、冬のお役立ちアイテムです。

寝る時の防寒対策【湯たんぽ】~アパートマンション寒さ対策⑦~

寝る時の防寒対策【電気毛布】

基本的には(普通の)毛布、、、ですが、その中に電熱線が入っています。

そこに電気を通すことによって暖まる、というもの。

仕組みは単純ですが、肌に触れる毛布を暖めますので、その効果は高い(=あったかい)ですね。

寝る時の防寒【電気毛布】メリットデメリットも。アパート寒さ対策⑧

寝る時の防寒対策【布団乾燥機&ドライヤー】

皆さん、寝ている間ってなぜ寒くならないと思いますか?

もちろん布団に入っているからですよね。

でも、布団って自ら熱を発したりはしていませんよね。

そう、布団はただ断熱(保熱)しているだけで、熱を発しているのはあなたなのです。

寝る時の防寒対策【布団乾燥機、ドライヤー】~アパート寒さ対策⑨~

スポンサードリンク

犬の寒さ対策。ワンコも暖かく

犬は寒さに強い生き物です。北極南極や、雪山で凍てつくような寒いところでも元気に活躍するワンコが居ることからも、容易に想像できると思います。

でも、いま室内で飼われている犬、室内でなくとも寒さを避けて飼われている犬はどうでしょう?

犬の寒さ対策。ペットお留守番、防寒は?~アパートマンションの冬~

犬の寒さ対策。暖房器具は??

こちらでは室内犬の寒さ対策、とくに色々な暖房器具についてお伝えしたいと思います。

わんこ専用の暖房器具、人間も兼用(というか人用)の暖房器具について、それぞれ見ていきましょう。

愛犬の寒さ対策。ペットのための暖房器具~アパートマンションの冬~

スポンサードリンク

※なお、99選シリーズについては、『99』を古来より使われる「多くの」という意味で用いております。そのため必ずしも99個の対策が記載されるものではないことをご了承ください。