こんにちは。たんさんです。

『ヒートショック』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

真冬の寒さで倒れる?

急な寒暖差で心臓に負担がかかる?

なんとなく、そんなイメージはあるかも知れません。

正しい知識をつけて、しっかり予防対策をして暮らしたいものです。

スポンサードリンク

ヒートショックとは?

まずは、そもそもヒートショックとは何か見ていきましょう。

ヒートショックって何??

暖かい居間などと、冷えた脱衣所/浴室への温度差、さらにそこでの熱いシャワー、こういった温度差によりヒートショックは起きます。

ヒートショックは『温度差による肉体的なショック症状』のことです。

とくに体の弱い高齢者などはヒートショックになりやすく、寒い冬場の発生率が高くなります。

ヒートショックの原因

たとえば、脱衣前は血管血圧は通常の状態です。

そこから脱衣して、さらに冷えた浴室に入り急激に冷えると、血管が収縮し、血圧が急上昇します。

その状態で熱いお湯に浸かるといったん血圧が更に上昇。

しかし、体が温まることで血管はゆるんで広がり始めます、すると今度は血圧が急降下します。

以上のような、血圧の乱高下により心臓には大きな負担がかかります。

これによって、ヒートショックを招くのです。

ヒートショックでの死亡

ヒートショックによる症状のうち、『心筋梗塞』『脳梗塞』『脳卒中』『不整脈』によるリスクは高く、失神などしただけ場合でも、浴室だと滑って頭を打ってしまうなど、とても危険が伴います。

また、入浴中に気を失いことによる溺死といった死亡例もあります。

スポンサードリンク

ヒートショックの予防策【絶対に!】

まずは「これはやっておきたい」という対策を確認!実践していきましょう。

原因のところでもふれたように、温度差による血管の収縮が原因ですから、温度差を起こさないようすることが大切です。

脱衣所を暖めておく

服を脱いだときに急に寒くなることのないように、脱衣所を暖めておきましょう。

急な寒さは血圧が異常をきたす原因となります。

脱衣所の暖房には『オイルヒーター』がお勧めです。

オイルヒーター。メリットデメリット。電気代や口コミなど~賃貸アパート冬支度~

浴室を暖めておく

脱衣所を暖めていても、浴室に入った途端に寒いのでは同じことです。

事前に浴室入口を開けておく、浴室暖房を使う、お湯で浴室を暖めておくなどしておくことが大切です。

湯船のフタを開けておく

浴室を暖めておくため、入浴の少しまえに湯船の

湯温は低めにする

ヒートショックは寒暖の差が原因ですから、湯船のお湯も余り熱すぎずに、ほどほどがお勧めです。

38℃~40℃程度のぬるめのお湯でゆっくり暖まるのが良いでしょう。

ヒートショックの予防策【さらに!】

さらに「できればこれも」という対策です。

シャワーでお湯を張る

シャワーでお湯を張ることによって、浴室が暖まります。

湯船のフタを開けておくのと一緒ですね。

高齢者は1番風呂を避ける

一番風呂は浴室が冷えていて湯船は熱いです。

できれば高齢者の方の入浴は避けたほうがいいでしょう。

夕食の前に入浴を済ませる

食事の前は、比較的まだ体の生理機能が疲れてない状態です。

また、食事をすることで血圧が下がりやすくなりますから、食事をとる前に入浴するのがヒートショック予防には効果的ですね。

スポンサードリンク