こんにちは。たんさんです。

真冬の寒さ厳しい日、もう寝ようと布団に入ったとたんに、寒い!冷たい!となったことはありませんか?

そんなときは、、、ちょっと一捻りして布団を暖めておきましょう。

今回は『布団乾燥機、ドライヤー』です。

スポンサードリンク

布団は暖まる

皆さん、寝ている間ってなぜ寒くならないと思いますか?

もちろん布団に入っているからですよね。

でも、布団って自ら熱を発したりはしていませんよね。

そう、布団はただ断熱(保熱)しているだけで、熱を発しているのはあなたなのです。

熱を発するあなたが入る前の布団、何も熱源がないから冷たいのです。

「寒い日は寝る少し前に、少し布団を暖めておく」、これが快眠に入るコツです。

布団乾燥機

まず、布団を暖めるのによく使われるのは「布団乾燥機」。

湯たんぽと違い、布団全体が温まってあの寒さは一体なんだったんだ!?と思えるぐらいポカポカになって温かく熟睡できます。

冷たい布団に入るのは、まさに天国と地獄、幸せな気持ちになれること請け合いです。

布団乾燥機の悪夢

寝る前のお布団をぽかぽかに暖めることが出来る「布団乾燥機」、ただ重要な注意点があります。

それは「暖めすぎ」です。

わたしも経験があるのですが、暖めすぎると確実に布団を剥いでしまいます。

そして、しばらくのちに寒くなって来てしまい、その結果、風邪をひいてしまいます。

これでは本末転倒ですね。まったく最悪です。

そんなことにならないよう、最初はほんの数分暖めることから初めてみましょう。

それでも十分暖かくすごすことが出来ますよ。

布団乾燥機によっては、「温めモード」などがあったりもしますので、活用しましょう。

スポンサードリンク

ドライヤー

布団乾燥機のない方は、ドライヤーを活用しましょう。

ドライヤーで温めるだけでも、布団に入った時のヒヤッとした感触を防ぐことができますよ。

ただし、本来の用途とは異なりますから、ドライヤーを置いたままにしたり、布団に押し付けたりしないようにしましょう。

火災などの原因になりかねません。

スポンサードリンク