こんにちは。たんさんです。

建築基準法の関連法令については本当にわかりにくい、そのうえ条例は地域によって異なるという、とっても厄介な話があります。。。

都市部で建築するときの重要な考慮点、前回に引き続き『窓先空地』について考えてみたいと思います。

窓先空地について「何?」という方は、まずはコチラから↓

窓先空地。敷地内通路、窓サイズ(大きさ)、緩和規定など、図解付き

スポンサードリンク

ピロティ避難通路

そして前回の記事でご紹介したのがコチラ。

建物の一階をピロティ状にして、敷地の奥側に窓先空地を作り、奥側の住居の避難経路を確保するというもの。

消防設備など、いろいろな関係できちんと設計する必要があるようですが、RCの建物などではたまに見かけるプランニングでもあります。

『窓先空地』避難経路の確保。図解で事例~アパート新築不動産投資~

今回の土地はこれ。

さて、前置きが長くなりましたが今回の土地はこちら。

都内の駅近で立地は悪くありません。

北側接道で、比較的大き目な道路に面していて、歩道もあります。

ただし接道幅は5Mとちょっとだけ、そのかわりというわけでもないですが奥行きが23M以上あります。そのうえ、敷地は奥に行くにしたがって少しずつ幅が広くなっています。

正直、余り地形が良いとは言えない土地かなと思います。

今回はこの土地のプランを検討しています。

「地形が良いとは言えない土地」=「格安に購入できる可能性のある土地」ですからね!

スポンサードリンク

今回の解決は・・・

こんなプランを考えてみました。

(プラントいえるほどの完成度ではないですが・・・)

赤い四角が各住居で、4方の角にそれぞれ1階を除き1フロア4戸です。

一階の黄色い部分はピロティ(通路)です。

奥側の水色四角は「窓先空地」となっています。

ポイント①

敷地自体が長細いため、道路側&奥側に部屋を割り振りました。

ポイント②

1階をピロティとして奥側住居の窓先空地&避難経路を確保します。

奥側に窓先空地を設けることによって、採光も確保します。

ポイント③

道路側の住居について、北側住居と南側住居を少しずらすことで、北側住居の採光を増やします。

(これについては部屋が細長くなってしまうので、基本設計等で住設の配置が可能かフィージビリティを継続検討します)

まとめ

ちょっと長細くて厳しいかなぁという土地ではありますが、格安だったので購入へ。

容積率も十分にあって上にも伸ばせそうな土地ですから。

スポンサードリンク