さてさて、急な退去があったからって、いつまでも残念がってばかりはいられません。

早く次の入居者さんに入って頂かなくてはいけません。

かわいい物件を遊ばせておくわけにはいかないのです。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

リフォームその1

まずは、リフォームしないと入居者さんを迎えられないばかりか、内見しても印象が良くありません。

ここらへんは、管理会社さんから、いつもお願いしている業者さんにしっかり連絡が入っていました。

まぁ退去時確認も一緒なので、さすがに連絡はいってます、リフォームについても通常のルームクリーニングと壁紙補修など、職人肌の業者さん、とっても良い仕事します♪感謝です!

リフォームその2

置き場

実は、問題は『洗濯機置き場』です。ここは新築時に、棚の下の狭い空間に小型の横向きドラム洗濯機が、すごくぴったりに格好良く収まっていました。

そして、いままで、そのときの洗濯機を付属設備として入居者の方にも使って頂いていたのでした。

 

ただし、10年超経過して、もし壊れてもその大きさの洗濯機って売ってないんですよね、いま。。・・・実際、いままで何度か故障しても、修理して修理して、だましだましに使ってはきているのです。

10年超の家電ですから、自分で使うならいざ知らず、ちょっとこの先ずっと設備として使い続けるという訳にはいかなさそうです。

ですので、今回一般的な洗濯機なら置けるよう洗濯機置き場を作り変えていただくことにしました。

これが大正解!

ちょうど少し汚れが目立っていたこともあり、写真のとおり、新築時のおしゃれな空間に戻りました!

 

 

外壁&屋上

さて、次の懸案は、外壁コーキングと外壁塗装、そして屋上防水補修です。

10年超えてますし、少々変わった構造の建物でもあるので、少し心配です。

でも、そんなの全部やったらお金かかりますよね。

もちろんバリューアップ分が家賃UPに結びついて、その年間分(×12)の、耐用期間分(×年数)、よりも工事費用が安く済めば着手だ!、、、という思いはあるものの、そもそも算出根拠となる『今回のリフォーム分でいくらの月額家賃UPになる』なんてのが、誰にもわかるはずもありません。(ちなみに、売却なら耐用年数のかわりに利回り考慮ですね。)

まぁ、でも、今回は一通りの外装リフォームを行うことにしました。

なぜなら、今回、物件の売却も視野に入れていたからです。

(その件はおいおい詳しくどこかで書ければと思います。)

 

スポンサードリンク

内見

この物件、今回の募集は繁忙期を外したにも関わらず、内見の依頼はひっきりなしにありました。

まぁ場所も23区内ですし、環境も静かなところ、またちょっと変わったデザイナーズでもあるので、一回見てみるかという気になるんですかね。

 

 

 

 

 

 

 

申し込み

ほどなく申し込みがありました。これで一安心です。

ただし入居者さんから少々の要望が。

あれと、あれと、あれと、あれと、あれと、、、、これを何とかしてほしい・・・

それが、、、(次回へ続く)

↓次はこちら

戸建賃貸経営ブログ。日誌編~残置物問題。これ誰の??~

↓まとめはこちら

戸建賃貸経営ブログ。~戸建デザイナーズハウスの賃貸運営まとめ~

スポンサードリンク