まず高くつくケース、安くなるケースを理解しよう

お引越しの料金は季節ものです。「引っ越しシーズン」という言葉がある通り、引っ越し屋さんの忙しさにより料金にかなりの差が出るものと思っておきましょう。

裏を返せば忙しい時期を外せばお得な引っ越しができるかもしれないということですね。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

高い時期

まずどうしても費用が高くなるのが3月と4月です。卒業入学の時期、新入社員の時期、年度の変わり目は引越し業者も忙しいため値引きをしなくなります。

また、社会人が転職することも多い9月も高めの費用がかかる時期になります。

安い時期

それ以外は余り大きな差はでないかもしれません。

また単身のお引越しかファミリーかによっても異なりますが、 1月、6月、8月、11月、あたりは比較的見積もりが安くなる傾向があるようです。暑さ寒さの厳しい時期や雨の多い月などですね。

時期以外でも

ひと月のうちでも、週末(土日祝日)は引っ越しをする人も多いので費用が高めになります。

また、その中でも月末や月初はさらに高いときも。逆に平日は比較的費用が安めになります。3月の後半から4月の前半は引っ越し屋さんも稼ぎ時ですから、1年のうちでもっとも費用が高くなります。

さらに時間帯によって

忙しいお引越し、一日のうちでも早く荷物の移動を済ませたいものです。

そのため、朝から午前中は見積もりが高い傾向にあります。とくに忙しい時期は引っ越し屋さんも一日に何組もの荷物の移動をします。

ですから、引っ越し屋さんも出勤後にすぐ来る朝一番は到着時間も安定している傾向にあります。逆に、午後から夕方の引っ越しは見積もりが安めの傾向にあります。

ただ、到着が数時間遅れた!日が暮れて真っ暗のなか引っ越しをした!などの事例もあるようですので時間に余裕のある方向きと言えるでしょうね。

 

 

スポンサードリンク

必ず相見積もりを取りましょう。

必要?

引っ越し先、運ぶ荷物の量、だいたいの日程が決まったら、実際に見積もりを依頼しましょう。
引っ越し屋さんにとってもライバルの存在は大きいものです。かならず複数の引っ越し業者さんに見積もりを依頼して比較するようにしましょう。

たとえば、価格比較サイトの一括見積もり機能などを利用するとよいでしょう。

なぜなら、メジャーな一括見積もりサイトであれば、一定の審査を通った信頼のおける引っ越し業者だけが参加できるようにされています。

何かトラブルや引っ越し中の破損があっても困りますから、しっかりした引っ越し屋さんに荷物を運んでもらいたいものですよね。

また、口コミサイトでの評判などを見てみるのも良いでしょう。

訪問見積もり

もちろん、引っ越し屋さんに自宅に来てもらって見積もりを依頼することもできます。

いくつかの業者に別の時間に来訪してもらわなければいけないので少し手間はかかりますが、しっかり荷物の量を見てもらい、引っ越し先やだいたいの日程を伝え費用を見積もってもらいましょう。

詳しい日時については、引っ越し屋さんの都合に合わせるように相談すると費用が安くすむ場合もありますよ。

 

スポンサードリンク