部屋でゆっくりしているとき、キッチンでお料理をしているとき、カサカサっと音がして、ふと見ると、あの方の残像が・・・ということはありませんでしょうか。

もしそんな体験ない、という方はお幸せです。でも、もし、少しでも心配があったら退治の方法について見ておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

液体せっけん、液体洗剤(かける)

キッチンやバスルームでお出でになった場合、手近に液体せっけんや、洗剤があるかと思います。

それをゴキブリにかけると、お腹にある気道がふさがれて、息が出来ずじきに死に至ります。

窒息ですから一瞬で効果があるというものではありません。しつこく、動かなくなるまで、液体せっけんや液体洗剤をかけましょう。

スリッパ、新聞紙(叩く)

ゴキブリは前方へ動きますので頭側から狙いましょう(後方へバックしている姿って思い浮かばないですよね)

また、おしり側には、風を感知する器官がありますので、その観点からも頭側から狙うのが良いです。

 

 

 

掃除機(吸い込む)

近くで見たくないですし、もちろん触りたくないでしょうから、掃除機で吸ってしまおうという人も居るでしょう。

ただ、ご注意下さい。ゴキブリは掃除機の中でも十分に生きていけるばかりか、繁殖してしまう恐れがあります。

掃除機の中にあるゴミやホコリはゴキブリのエサになりますし、その中で卵を産んだらあっと言う間に繁殖してしまいます。怖いですね。

それを防ぐにはホウ酸などの毒餌を一緒に吸い込んでおくとよいでしょう。

殺虫剤などを吸い込むと、スプレーのガスにモーターの火花が引火する場合があり、とても危険ですので止めましょう。

 

スポンサードリンク

市販殺虫剤(やっつける)

もちろん、ゴキブリ専用の殺虫剤が一番効き目があります。

殺虫剤タイプ、冷凍タイプ、泡タイプなどありますので、場所によって使い分けましょう。

小さいお子様の居る場合、ペットの居る場合、食品を扱うキッチンなどでは、薬剤を含まない冷凍タイプを使うと良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

もし、見失ったら

もし見失ってしまっても、落ち着いて対処しましょう。目撃した場所周辺にしっかり殺虫剤をかけておくのです。

殺虫剤を嫌って、部屋の外、家の外へ出ていく可能性があがります。

後始末(繁殖を防止しましょう)

メスの場合、息絶える間際に産卵することがありますので要注意です。

もし叩いたり、殺虫剤などでやっつけたのであれば、周辺をしっかり拭き掃除しておきましょう。

そうしないと周囲に卵が残って、余計な繁殖につながりかねません。

掃除機で吸い込んだ場合も要注意です。紙パック型なら捨ててしまいましょう。

また、紙パックの無いサイクロン型などでは、ホウ酸などの毒絵を忘れずに。

 

虫の対策~賃貸アパートマンション害虫対策まとめ~

 

スポンサードリンク